愛犬の食事を気遣う【犬の肝臓病を予防しよう】

肝臓の病気と食事

ドッグ

ペットの健康を守るには

犬の肝臓病は、さまざまな原因で起こります。先天的な異常、ウイルスや細菌への感染、薬物の摂取などの他に、食事が関係してくることもあります。肝臓は体内に入って来た有害物質を無害化し、体外に排出する働きを持っています。そのため、有害な添加物を含むペットフードなどを与えていると肝臓に負担がかかり、機能が弱まってしまうことがあります。また、食べ過ぎも肝臓病の原因になることがあります。肝臓には食事から摂取された栄養を貯蔵する働きもありますが、高脂質の食生活を続けているといわゆる脂肪肝になり、やはり働きを弱める原因となります。犬の肝臓病は放置していると全身に影響を及ぼすおそれのある深刻な病気ですが、肝臓は再生力の強い臓器であるため、早期に治療を始めれば回復が期待できます。食欲不振や下痢・嘔吐などの症状が見られた場合、定期検診で異常が見つかった場合は、すみやかに医師の診断を受けるようにします。愛犬の早期回復を目指すには、通院治療と並行してホームケアも重要です。特に食事管理はとても大切です。肝臓病にかかった犬に食事を与える際は、有害な添加物の入っていない優良なフードであることと、高品質のタンパク質を含んでいることの2点に気をつける必要があります。タンパク質は臓器の再生に欠かせない栄養素ですが、代謝の際に有害なアンモニアが発生し、肝臓に負担を与えます。そのため、消化しやすいタンパク質の摂取が必要となるので、与える食事なども工夫するようにしましょう。

ペットに関するサービス

血統書付きの親犬を飼育して子犬を繁殖させているブリーダーを利用すれば、じっくり吟味して子犬を選ぶことができます。優良なブリーダーは、専門知識が豊富で誠実な情報提供を行っています。良いブリーダーを探すためにも、口コミ情報を参考にしたり事前にサービス内容を見学したりすることが大事です。

ペットの葬儀

ペット葬儀のサービスとしては個別火葬があり、ペットをそれぞれ個別に火葬するため返骨してもらうことが可能です。また合同火葬は他のペットと一緒に火葬を行い合同で埋葬される方法で、個別火葬よりも安いのが特徴です。

ペットの飼育としつけ

トイプードルのしつけをする際に、ブリーダーはおやつを上手に活用しています。しつけの方法については、購入の際にブリーダーからアドバイスが受けられる場合があります。飼い主が犬の行動をコントロールすることが、しつけの一つの目的です。