キャンペーンなどを利用して海外fxを始めてみよう

海外fxとはどんなものなのか

海外fxとは、海外に本社がある会社を利用して、外国為替証拠金の取引をおこなうことです。またfx海外口座とも呼ばれます。日本で口座を作ればいいのではと考える人もいますが、日本では、金融商品取引業に関する法律が改正され、レバレッジ制度が設けられました。これにより、資金が少ない投資家がFXで稼ぐことが難しくなったため、海外fxを始める人が増えたとされています。

比較することで違いが分かる国内fxと海外fx

法律によりレバレッジに規制がある国内fx

国内fxは、平成22年の金融商品取引業の改正により、個人でのfxトレードでのレバレッジが最大25倍と定められました。そのため、海外fxとでは資金効率が大きく異なってしまいますが、その分信託保全が義務化されているため、資金保証が確立されている安全面があります。

規制がない分ハイレバレッジも可能な海外fx

海外fxの大きな魅力は、少ない資金で行動を起こすことができることです。また、国内fxと違い、レバレッジに規制がない事から、数十倍、数百倍のハイレバレッジを狙うこともできます。しかし、国内fxと違い、信託保全が任意のため、企業によっては保証の金額なども異なってくることがあります。

キャンペーンなどを利用して海外fxを始めてみよう

グラフ

向き不向きの人がいることを知っておこう

海外fxは少ない投資で資金を大きく伸ばしたいと考える人におすすめされます。確かに国内fxでも利益を上げることができます。しかし、最高でも25倍のレバレッジのため、「少ない投資で大きな資金」は難しく、コツコツと積み上げる必要があります。その方法で十分回せる人には、海外fxは危険と隣り合わせのように見えてしまいます。一方、多少のリスクを追っても資金効率を十分に活かせる取引がしたい人こそ、海外fxに向いているとされています。

デメリットを把握しておくことも大切

海外fxはハイレバレッジが可能なため、数千円が数十万、数百万へと値段を変えてしまうことがあります。そのため、一攫千金を狙って行う人も少なくありませんが、大きなメリットの裏にはそれに比例する程のデメリットがあることを、きちんと知らなくてはいけません。海外fxは「ハイレバレッジ取引が行える」と同時に「一瞬で資金が0円になる」可能性もあることを、忘れてはいけないのです。

海外fxは理解しておこなえばよい投資方法になる

大きなメリットやデメリットを生み出す海外fxですが、きちんと知識を持ち、理解することで、利益を上げることができる優良な投資方法とされています。為替市場の動きを見極めた売買は、どうしても経験が伴ってくるため、初心者には難しいことでありますが、コツコツと知識や経験を積むことが大切なのです。

海外fx業者では様々なキャンペーンを行っている

初心者には難しい海外fxですが、初めてだから怖くてできないとなると、業者側も頭を抱えてしまいます。そのため、簡単な口座開設だけでなく、様々なキャンペーンを設けることで、利用者を募っています。期間内に一定数トレードができた人にはプレゼントするなどのキャンペーンを織り込むことで、初心者でも経験する理由を作ることができます。

口座開設から取引までの大まかな流れ

取引業者を選んで口座を開設

fxは国内外問わずに様々な取引業者が存在します。そしてその業者1つ1つに専門の口座があるため、その口座を開設する必要があります。また、この時にどれでもいいと考えるのではなく、口コミや業者評価などをきちんと比較することで、自分に合ったものを探しましょう。

必要事項の記載や身分証のコピーを送付

口座を開設するに当たって、氏名や生年月日、住所などの必要事項を業者に連絡する必要があります。業者によっては、記載する内容が異なることもあるので注意しましょう。また、本人確認ができる書類も合わせて送付しなくてはいけません。

取引業者で審査を行ってもらう

必要事項と身分証明書を確認しながら、業者が審査に入ります。この審査にかかる時間ですが、業者によって異なってきます。しかし、多くのfx会社では10分以内の審査完了、口座開設を心がけているのが、スピーディーに対応してくれることが多いです。

口座開設が完了し必要な情報が送られてくる

口座が無事に開設できたら、取引用のパスワードなどが、業者から送られてきます。大切なものとなりますので、書面で送られてきた場合はきちんと保管し、メールなどのデータで送られてきた場合は、コピーやメモなどをとっておきましょう。

証拠金を振り込んで取引スタート

すべての準備が整えば、あとは開設した口座へ入金をして取引をスタートすることができます。トレードは少額からでもおこなうことができるため、自分に無理のない金額から始めていくのがいいかもしれません。

広告募集中